同世代の女性にじっくり話を訊く時間。”インタビューアワー”

私の身近な同世代の女性たちは、何を思い、仕事に向き合い、人生を歩んでいるのだろうか。人生のゴールがそろそろ見えてくるのではないかと思っていた50代に突入した私が思い立ったインタビュー。2018年のものです。

それから2年が経ち、人生のゴールはまだまだ見えていません(たとえ100歳に近づいても達観することがないように思う)。

この時お話を伺った方々もきっと日々変化があり、また違う視点に立って歩んでおられるのことと思います。

感謝を込めて。

急須がなくてもお茶を楽しむには。

新型コロナウィルス感染予防のためには、日頃の健康管理が見直されていますよね。

お茶には抗菌、抗ウィルスや免疫機能改善、肥満予防など様々な健康機能があるので、食生活に取り入れて欲しいと思います。
緑茶の爽やかなうま味の成分であるテアニンには、リラックス作用もあるのですが、
でも、コーヒーやティバッグに比べて入れるのが面倒という方もいるはず。

ところが
急須などの茶器がなくても、
コーヒーフィルターを使って淹れることができるんです。

もし、手付かずのお茶っ葉があったら、
気軽にいれてみてね。

*ポイント
お湯を注ぐ前に数滴垂らして1分ほど蒸すとうま味が出ます。

茶葉の量はマグカップ一杯に対してティースプーン一杯ほど。
急須で入れるより少なめでOK。

お湯の温度は熱いほど苦味が強く出るので、うま味重視なら魔法瓶のお湯の温度(70度)がオススメ。

でも、すぐに飲みたいなら、沸かしたてお湯を注いで、お湯で好みの濃さに薄めても大丈夫です。

ところで、チョコレートって日本茶に合うですよね。
最近のヒットは不二家LOOKチョコレート・パイン味。

今度、試してみてくださいねー。


日本最北のお茶の産地ブランド「伊達茶」を求めて。

日本最北のお茶の産地と言われている、
石巻産のブランド茶「伊達茶」。

伊達茶を販売している宮城県塩釜市の茶舗、矢部園さんを尋ねてみました。


貴重な伊達茶は予約販売とのことで、申し込んで来ました。
お店でいただいた水出しの伊達茶はまろやかで香ばしい香り。

茶葉一枚一枚を大事に育てている生産者さんの思いを感じながら
大切に飲みたいと思います。