茶室でコーヒーをいただく

師走の日曜日。

茶室で、とっておきのコーヒーをいただける催しがあるとお誘いいただいたので、出かけてきました。

看板Japanese Experience

会場の麓山荘(ろくざんそう)は、
郡山市麓山の21世紀公園の中にある、本格的な茶室を備えた日本家屋。
日曜日には、お茶の各流派の方達が手頃な参加費でお茶のお点前をしてくださる、素敵な空間です。

この日行われたのは「Japanese Experience」。合同庁舎の隣にある「obross coffee」さんと、虎丸のお茶店「静岡屋」さんの共同企画です。

今回は、なんと、「Geisha」という希少なコーヒーをお茶室でいただけるとのこと。

obross coffeeさんは、好きなコーヒー豆を注文してから、一杯ずつずつ豆を挽いて、ゆっくりと淹れてくれるお店。
お点前のゆったりとした時間の流れによくあっています。

茶室でコーヒーを立てる

ふるまっていただいた茶菓子は、福島市の丹坊の落花生どら焼き。ピーナッツの食感がどら焼きにあっていて、香ばしさに感激。

この日のお茶菓子。もうせんの上の花札は席のマークだそう。

同席した友人とおしゃべりしながら、
茶席の客人よろしく待っていると、

抹茶茶碗にコーヒーを入れて静岡屋さんのご主人が、運んできてくださいます。

抹茶茶碗でコーヒーをふるまってもらいました

「Geisha」は、華やかな香りのある、透明感のある味のコーヒー。

そして、
最後締めは、金粉入り緑茶。

金粉入り緑茶で華やかに

市松模様の粋な着物で出迎えてくれた、静岡屋さんのおかみさんも素敵でした。
ご夫妻で「お茶」を習っていらっしゃるそうで、きちんとお茶文化を大切にしていらっしゃるのですね。

日本にいながら、外側からの視点で日本らしさを再発見する楽しさ。

日本人のみならず、日本文化への知的好奇心を持った外国人が参加したら、得難い日本体験になるに違いありません。

喜多方市の老舗、島慶園

会津若松市の北に位置する喜多方市。
蔵のまちとして知られていますよね。
昔からの商店が連なるメインストリートも風情があってゆっくり巡りたい場所。
飯豊連峰から流れる澄んだ水が通り沿いを流れ、造り酒屋も立ち並んでいます。

この通りに島慶園というお茶屋さんがあります。
まずは、蔵造り風の白壁にお茶の道具がキリッとディスプレイされたウィンドウに惹かれてしまいました。
島慶園ショーウィンドー

店内で目を引くのは、陶器のお茶壺。江戸時代以前、お茶の流通に使われていたのかもしれませんね。

島慶園茶壺

喜多方市はかつてお茶の産地だったと島慶園の案内に書かれていました。
会津藩内で茶園が広がる風景があったのでしょう。

秋は、新茶を保存したものが「蔵出し茶」として楽しめる季節。
オススメの島慶園蔵出し茶は、甘く華やかな香りが広がる逸品でした。
島慶園を案内する看板

福島市の老舗 奥田茶舗

電車に乗って福島市に。
県庁周辺にいつも気になるお茶屋さんがあったので、
徒歩のこの日、訪ねてみました。

奥田茶舗

奥田茶舗
店内には、茶箱や時代を感じさせる茶壷が棚にぎっしり飾られています。

創業は明治35年。納得です。

明治期、お茶は日本の輸出産業の20%を担っていた一大産業。お茶の生産量の60%は輸出用だったとのこと。

今は、抹茶が外国人観光客に愛されていますが、日本茶は100年以上前から外国で飲まれていたんですね。
(おもな輸出先のアメリカでは日本茶にミルクと砂糖を入れて飲んでいたので、抹茶のお菓子に近い風味だったかもしれません)

その頃の、輸出用のラベルが店頭に飾っていました。

奥田茶舗 蘭字

静岡茶を中心とした自慢の品はもちろん、
お茶器の品揃えも豊富で、湯飲みや急須だけでなく、湯冷ましが何種類も。

そして、先代からの常連さんが集って、サロンのように、情報が集まってきている、
風格を感じたお店です。

そして、おかみさんがとても気さくだったのが印象的でした。

奥田茶舗 ウィンドウ