新年にお茶を楽しみましょう

打ち合わせがあったので、みなさんでお茶と和菓子を楽しみました。

煉り切り(上生菓子)は、季節感が豊かな日本的なもので、目にも美しいもの。

柏屋本店の今月の煉り切りは、干支や新年を祝ったもの。楽しい気持ちになります。

戌の煉りきりと蔵出し新茶

お茶は「蔵出し煎茶」を。
新茶じっくり低温で熟成させたもので、お茶の甘味をより感じられます。

今年もお茶を楽しみましょう。

柏屋さんの煉り切り 縁

本年もよろしくお願いいたします。

多謝! 1日限定、お茶のお店を出しました!

お茶の日を開催させていただいている、郡山市緑町のコワーキングスペース「co-ba koriyama」が3周年を迎えました。

弁慶と牛若丸ラベル

10月28日(土)は3周年感謝祭。私もブースを出させてもらい、ブックカバーやしおりなどのブックウェアと、お茶をポットに入れて出すサービスです。

おしることお茶のセット

ポットのお茶や、
郡山製餡さんのおしることのお茶セット、
同会場で行われたイベントへのお茶の配達など、ご用命いただき、
多謝です!

この日は、静岡屋さんオススメの
浅蒸し茶、深蒸し茶を中心にお出ししました。

 

すきっとした煎茶の浅蒸し茶は、牛若丸のパッケージ。
どしっとしていて深みがあり、水色も濃い深蒸し茶は弁慶のパッケージ。
と、茶葉の特徴にキャラ付けされているんですよ。

楽しい、1日でした。

冬向けてのお茶会も企画準備中です。

盛夏には、お茶氷を使って。

八月に入りました。

気になるCMがあります。
緑茶のPETボトル飲料、「生茶」のお茶を凍らせているCMです。
凍ったお茶が溶け出すと、旨味を味わえるというもの。

私も試してみたいと思いました。

お湯で入れたお茶は水色に黄色味が入ります。

涼しげな色も味わっていただくために、

今回は、煎茶粉茶を水で溶いて、凍らせました。
水出し冷茶に、お茶の氷を浮かべます。

少し溶け出した時に、お茶の旨味と香りを楽しんでいただけます。

 

この日は、午後からお茶を楽しみに、訪ねてくださったお客様より、和菓子の差し入れをいただきました。
水羊羹やお煎餅、変わり大福。

田村市船引町三浦屋さんの変わり大福 ごぼうもある!

お茶と甘味の組み合わせは尽きませんね。

煎茶の粉茶は、冷たいお水で溶けるので、すぐに飲みたい時にとても便利です。香りも良くて、水色が緑茶の涼しげな色を出しているのがいいですね。

最近は、粉茶で作った冷茶を水筒に入れて持ち歩く人が増えているとお茶店の方に伺いました。
お茶氷も一緒に作って入れておくと、冷たいまま。お茶が薄まらないので、美味しく飲めますね!