日本最北のお茶の商業生産地、新潟村上市のお茶屋さん。


日本最北のお茶の商業生産地、
新潟県村上市。

ときわえん 村上市のお茶屋さん
訪ねた常盤園もお店の裏に茶畑と製茶場と茶店が一緒になっていました。

お茶の生産地ではない福島県在住の私としては新鮮な風景。

冬は雪が茶樹を覆ってくれて冷たい風から、守ってくれるのです。

サケ漁が有名な村上市の歴史的建造物(武家のお屋敷など)でも
村上茶の冷茶がサービスされていました。

村上で生産されるお茶は、静岡などの産地のお茶と比べて、寒い気候の中で育つため、茶葉が薄いのが特徴とのこと。
製茶の家庭では、蒸す時間を長くせず、大切に熱を加えて、お茶そのものの旨味と苦味、香りが楽しめます。