”日本一の茶樹”のお茶を飲む

静岡の天竜茶はとてもスッキリした飲み口。一口飲むと、茶葉の爽やかさが口に広がります。
天龍茶をオススメしてくださったお茶屋さん(郡山市虎丸の静岡屋さん)から、
「日本一の茶樹の新茶が手に入ったので、飲んでみませんか」とのこと。日本一のお茶

日本一というのは、昨年出品した煎茶が品評会で「天皇杯」を受賞したお茶樹から採れたお茶の意味。その新茶が販売されたとのことでした。

私一人で飲むのは勿体無いので、
日本茶が好きな方たちをお誘いして、飲んでみました。

封を開けてみると、新鮮なお茶の香りが立ちあがります。
同じ生産者さんの上級煎茶はお茶らしい香ばしさを感じますが、
日本一のお茶は、なんだか甘いような、柑橘系のような爽やかで華やいだ香りがします。

茶葉をお皿に開けてみると、大きさ、長さが揃っていて色が濃く、つやつやしている。
丁寧に蒸されて、揉まれたお茶ということがわかります。

お茶をいれてみると・・・・・・

茶葉が大きいので、色が出にくく透明感があり水色は薄いのですが、

ほのかな甘みが口に広がります。一煎目のお茶を入れた後の茶葉も緑が鮮やか。
一度お茶をいれた茶葉を直接食べてみると、苦味とともに甘みを感じます。

同じ煎茶でも等級が違うとこんなに違うんですね。