囲炉裏と郷土料理とワインとお茶

先日、

田村市の囲炉裏がある古民家で、
その土地に伝わるお料理とワインを楽しみました。

主催してくださったのは、
大人のソトメシ倶楽部さん。

 

囲炉裏端でお食事

Takeuchi Akemi さんが、とっておきのワインと楽しむお料理を準備して、もてなしていただきました。

感激したのは、田村市の郷土料理を組み合わせてくださったこと。

エゴマと青菜の和え物やお餅、
山芋の揚げ物など、
田村地方の家庭料理とに、
旦那様のルーツがある北海道の素材や昆布締め。

旦那様が仕込んだ手作りハムも囲炉裏で焼いていただきます。

手作りハムをこれから焼きますホタテの昆布締めなど手の込んだ前菜

翌朝、予定があって一足早く、出かける私に、
田村市の地元では晴れとけの日は必ず食べるという、けんちんうどんを出してくださいました。

早起きさせちゃってごめんなさい。

そして、さりげなくお茶をさっと出していただいたこと。

そのタイミングにさらに感動。

「お茶を出すこと」の心遣い。美味しいお茶って、こういうことだなあとしみじみ思いながら、帰路、磐越東線に揺られていました。

茶室でコーヒーをいただく

師走の日曜日。

茶室で、とっておきのコーヒーをいただける催しがあるとお誘いいただいたので、出かけてきました。

看板Japanese Experience

会場の麓山荘(ろくざんそう)は、
郡山市麓山の21世紀公園の中にある、本格的な茶室を備えた日本家屋。
日曜日には、お茶の各流派の方達が手頃な参加費でお茶のお点前をしてくださる、素敵な空間です。

この日行われたのは「Japanese Experience」。合同庁舎の隣にある「obross coffee」さんと、虎丸のお茶店「静岡屋」さんの共同企画です。

今回は、なんと、「Geisha」という希少なコーヒーをお茶室でいただけるとのこと。

obross coffeeさんは、好きなコーヒー豆を注文してから、一杯ずつずつ豆を挽いて、ゆっくりと淹れてくれるお店。
お点前のゆったりとした時間の流れによくあっています。

茶室でコーヒーを立てる

ふるまっていただいた茶菓子は、福島市の丹坊の落花生どら焼き。ピーナッツの食感がどら焼きにあっていて、香ばしさに感激。

この日のお茶菓子。もうせんの上の花札は席のマークだそう。

同席した友人とおしゃべりしながら、
茶席の客人よろしく待っていると、

抹茶茶碗にコーヒーを入れて静岡屋さんのご主人が、運んできてくださいます。

抹茶茶碗でコーヒーをふるまってもらいました

「Geisha」は、華やかな香りのある、透明感のある味のコーヒー。

そして、
最後締めは、金粉入り緑茶。

金粉入り緑茶で華やかに

市松模様の粋な着物で出迎えてくれた、静岡屋さんのおかみさんも素敵でした。
ご夫妻で「お茶」を習っていらっしゃるそうで、きちんとお茶文化を大切にしていらっしゃるのですね。

日本にいながら、外側からの視点で日本らしさを再発見する楽しさ。

日本人のみならず、日本文化への知的好奇心を持った外国人が参加したら、得難い日本体験になるに違いありません。