夏用のお茶を求めて

この日は、「お茶の日」用に、冷茶用の茶葉を買いに出かけました。

この日訪ねたのは、うすいデパート地下食品売り場の中郷屋茶舗。郡山市桑野に店舗があります。
水でも溶ける煎茶粉茶を紹介してもらいました。
PETボトルに入れて凍らせて持ち歩けるのが便利とのこと。

次は、郡山中町のなかごう園。
老舗の趣があって、前から気になっていました。

なかごう園

お店で伺ってみると、昭和9年創業とのこと。

創業時の写真が店頭にありました!

東日本大震災の時に、「創業時から使っていた陶器の茶壺が落ちて割れてしまったんです」と奥様。

冷茶用の水に溶けやすい茶葉と、日本茶でできた紅茶があったので求めます。

3件目の茶舗なかまちは、茶器が美しく展示されているお店。通り側は甘味が楽しめるカフェコーナーになっています。
冷茶用のボトルを紹介してもらったのもこのお店でした。
こちらでは、オススメのブレンド茶「なごみ」煎茶を購入。

最後にモール郡山にある静岡屋で大好きな抹茶ソフトで一休み。

日本茶の産地ではなくても、日本隅々までお茶屋さんはあります。

お茶の流通がどのようにして広がったのか、調べようと思います。