お茶屋さんのいれるお茶はなぜ美味しいのか

ショッピングセンターやデパートでお買い物をした時、お茶専門店に立ち寄ると、
必ずと言っていいほどその場でお茶を入れて勧めてくれます。

小さめの湯呑み茶碗で出してくれる一杯。香りも良くて旨味が濃くて、嬉しくなって、一袋、必ず求めてしまいます。

それにしてもお茶屋さんがいれてくれるお茶は美味しい。
自分が入れるのとは一味違うのはなぜ? と常々思っていました。

お茶屋さんのいれる美味しいお茶を私もいれてみたい!

思えば、それが、
OCHAKUMISTへの一歩でした。

 

日本茶についての本もたくさん出ています。
読んでわかったこと、

美味しいお茶を入れるポイントは、シンプルでした。

茶葉の分量とお湯の温度の組み合わせなんです。

それをわかっているお茶屋さんのお茶は美味しいはずです。